吉岡実の手蹟〔詩篇〈永遠の昼寝〉の清書原稿〕
吉岡実の手蹟〔詩篇〈永遠の昼寝〉の清書原稿〕

永遠の昼寝(未刊詩篇・19)

初出は《永遠の旅人 西脇順三郎 詩・絵画・その周辺》(新潟市美術館刊) 1989年4月1日、〈西脇順三郎賛歌〉一三一ページ、本文10ポ2段組、25行。自筆詩稿が《永遠の旅人 西脇順三郎 詩・絵画・その周辺》展(新潟市 美術館、1989年4月1日〜5月14日)に展示された。

コオロギが鳴いて
        (宇宙の淋しさを
  告げ始める)
        秋の日の野原を行く
わたしは旅人
      (茶室的な岩から出る
 泉を飲む)
      心の淋しい時は
意識の流れに沿って
         漂泊するんだ
(非常な美人の医師が来る)
             赤と白の
ホウセンカの咲く
        ここは故里かも知れない
聖賢の書を読み
       わたしは思索にふける
(いかにして
      死を諦める
           ことができるか)
旅籠屋のつめたい畳で
          昼寝をしたようだ
(誰かがわたしの
        頭のうえを
             杏の実をもって
        たたいた)